FC2ブログ
自分から動ける人材を育てる! 企業の基盤づくりのために・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

年功序列を保ったままの、肩書人事のワナ

古くから続いている企業で、大きく成長している企業は、
当然、雇用する労働者の数も、多くなります。



そんな発展の過程で、人事制度を導入された企業も多いことでしょう。

うまく成果が出ている企業と、残念ながら、効果が出ていない企業があります。


それはなぜでしょうか?



人事制度を導入することが目的になってしまい、



人事評価を行う意味が、もともと曖昧になっていることが多いからです。







そして、職務設計をし、キャリアのコースを作ったとして、



最初はいいかもしれませんが、



年功序列型の組織になっていれば、



与える肩書も、飽和状態です。

「○○補佐」「副○○」「サブ○○」などという肩書のついた人が、



無意味に多い企業も、よく見かけます。





頑張りが報われない組織、ということも、出来るかもしれません。







企業がずっと存在し続ける、長年勤めれば、きっと上がってゆく、



という幻想が、それを支えているのでしょう。




ですが、企業が存在し続ける、という保証も、今はなくなりました。



顧客に必要とされる商品、サービスを、相手が喜ぶ形で提供できていること。



これが、必須です。




そんな中で、企業発展に貢献できていない人、また、



努力の方向性が間違った努力をしている人が、



何人か、周りにもいるのではないでしょうか?







時代の変化についていけていないと、



それに気づいていないこともあるかもしれません。







企業も、個人の持つ才能を活かしきれず、



人事評価があるために、型にはめて評価しすぎていることも、



あるのかもしれません。




大切にしている信念は何か?



仕事の中身に、それは反映されているのか?











常に問うべきことです。











いつの間にか忘れてしまっていることも、



思い出し、軌道修正できれば、大丈夫です。











どこへ向かっているのか?



 



どこへ行こうとしているのか?







いつも、自分の会社の方向性を、チェックする仕組みが必要です。











肩書は、企業を離れれば、無意味です。



その仕事の中身と、それを成し遂げた行程で得られた人脈が、



人も、企業も、発展させてゆく大切な要素です。







能力を発揮できる仕事を与え、また、創りだす機会を与え、



自分で考えることに出来る人を育てること。







これこそが、企業にとっての、大きな課題だと言えるでしょう。











何でも用意されている「学校」とは、



わけが違います。







実践力の浅い、新社会人を、どう育てて行けるかは、



すでに今ある企業の土壌を、どう改良するかで、



違いを生み出します。



スポンサーサイト
2014-06-07 : 企業の繁栄・成長 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

訪問者数

検索フォーム

プロフィール

成長サポートコンサルタント

Author:成長サポートコンサルタント
華陽労働基準協会 常務理事。
伊佐治社会保険労務士事務所 成長サポートコンサルタント。
成長し続ける会社をサポートするために、経営者、社員、お客様、すべてに幸せの輪が広がってゆく、組織作りコンサルティングを行っている。
経営者やリーダーのための「エグゼクティブ・コーチング」では、思考と感情の整理をし、夢の実現、幸せで豊かに生きる人のライフサポートをしている。
得意技は、物事の本質を見抜くこと。本当の自分を生きたい人に、自分と向き合うためのセッション。
企業の成長の鍵をにぎる、総務人材の育成にも力を入れている。

■興味のあること

潜在意識。自分磨き。 カウンセリングをベースにした、組織づくりコンサルティング。 カウンセリング。 コーチング。 総務。社会保険。労働保険。起業。 マインドマップ。フォトリーディング。 ライフワークカウンセリング。 読書。 映画鑑賞。 ビジネス書。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

最新コメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。