FC2ブログ
自分から動ける人材を育てる! 企業の基盤づくりのために・・・。

人口の減少は、どう影響するのか?

人口の推移を見てみると、総人口は減っています。
http://www.stat.go.jp/data/jinsui/new.htm

少子化、高齢化だ、ということは、前々から言われていることなのですが、
それが、どんな結果をもたらすのかを、具体的に語る言葉は、
あまり聞こえてくることはないでしょう。

年齢構造から見ても、
圧倒的に、高齢化が進んでいます。

高齢者が多いという言うことは、
肉体的に働ける人口数が、少なくなっている、ということでもあるのです。


核家族化が進み、
どれくらいの年数が過ぎ去ったのでしょうか。

人とのコミュニケーションがうまくいかない人、
増えていますね。

それが、コミュニケーション講座に人気が出ている、ということにも、
反映されています。

人と接する機会、場所が、減っているということでもあり、
集団の中で、いろいろな摩擦が起こっている、
ということも、予測できます。

私たち、社会保険労務士事務所で目に見えて感じることは、
長く続いた企業でも、
その成長を意図的に計画、実行していなければ、
衰退に入る、ということです。

100年続いた企業でも、危うい、といえます。


なぜなら、消費者の生活が変わり、人口も変わり、
環境も変わってきている。
それも、かなりのスピードで。

そんな中、便利なものも増え、自分で考えて工夫できる人は、
減ってきているのです。

物のない時代に生きた人は、
自分たちで、工夫して乗り切ることができました。

けれど、物があふれた時代に生まれ育った世代は、
お金を出せば、手に入るし、すぐに手に入れられる環境で育っているのです。

育った環境で、あたりまえ、常識は違います。

この時代の変化は、さらに、さまざまな変化へと派生してゆきます。

人をいたわる、
人を愛する、
という心。

そういう心を、人から人へと伝えてゆく。

そんな社会を、私たちは、後にも残してゆきたい。


年金に関して、
すでに、支給開始年齢の引き下げが始まっています。

もらえないのではなく、
収入が減る、という期間が、5年もある、ということです。

実は、大問題。

健康を無視して働いている人、若さと体力だけをあてにして働いている人は、
60歳を過ぎたとき、自分の収入を、どのように維持、もしくは増やして行けるでしょうか?

20代から、もしくは、30代から考えていてもいいことです。

自分の「稼ぐ力」を鍛えることや、企業の成長力を伸ばしてゆくことも、
全部が、連動してゆきます。


自分が一生、同じ場所で働けるとは限りません。
そして、人を雇える企業も、減りつつあります。

経営者が社会に貢献していること。
それは、働く場所を提供する、ということでもあると、
改めて、考えさせられます。

そして、人が成長しながら働ける場所であること。

これが、これから、しっかりと考えてゆく必要があることです。
関連記事
スポンサーサイト



2014-10-13 : 企業の繁栄・成長 : コメント : 0 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

訪問者数

検索フォーム

プロフィール

成長サポートコンサルタント

Author:成長サポートコンサルタント
華陽労働基準協会 常務理事。
伊佐治社会保険労務士事務所 成長サポートコンサルタント。
成長し続ける会社をサポートするために、経営者、社員、お客様、すべてに幸せの輪が広がってゆく、組織作りコンサルティングを行っている。
経営者やリーダーのための「エグゼクティブ・コーチング」では、思考と感情の整理をし、夢の実現、幸せで豊かに生きる人のライフサポートをしている。
得意技は、物事の本質を見抜くこと。本当の自分を生きたい人に、自分と向き合うためのセッション。
企業の成長の鍵をにぎる、総務人材の育成にも力を入れている。

■興味のあること

潜在意識。自分磨き。 カウンセリングをベースにした、組織づくりコンサルティング。 カウンセリング。 コーチング。 総務。社会保険。労働保険。起業。 マインドマップ。フォトリーディング。 ライフワークカウンセリング。 読書。 映画鑑賞。 ビジネス書。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

最新コメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR