FC2ブログ
自分から動ける人材を育てる! 企業の基盤づくりのために・・・。

「柔軟性を鍛える」には・・・

応用がきく人間。





もちろん、どんな仕事でも基礎力は必要なのですが、



応用がきくひと、というのは、柔軟性がある人です。





決まった通りにしかできない人は、企画・創造する力がなかったり、



言われたことしかできません。





「言われてないからやってない・・・」



そんな言い訳を始める人は、自分で責任のもって仕事に取り組む、という意識が薄いのです。そして、方法や、目の前のことにしか意識がいっていません。



そういう「指示」する、される社会で生きてきたからでしょう。





いっぽう、何かトラブルが起こったときに対処できる人や、



自分の仕事に工夫ができる人は、



その仕事を通して出すことが求められている結果を知っていて、意識して動いています。





柔軟性をもって仕事をするには、



全体でどんな仕事をしているのかを知る為に、いろんな部署の仕事に関わってみるといいでしょう。



また、柔軟性をもたせるために、部下を育てるときには、何でも指示してはいけません。





何も知らない新入社員に、自分なりに工夫して仕事をしなさい、というのは酷な話で、



最初は基礎力をしっかりと身につけてもらい、



次に、それができるようになったところで、



出したい結果を最初に伝えてから、仕事をまかせたり、どういう方法で取り組むかを、



相手から報告してもらえばいいのです。





また、報告が漏れることを防ぐためには、



どこからどこまでの行程を、どういう権限までまかせるのかを、



最初にお互いに確認しておく必要があります。





面倒くさい、と思うかもしれませんが、



でも、人を育ててゆくのなら、どうしてもやらなくてはならないポイントというのは、



避けられないのです。





柔軟性をもって対応するためには、



自分自身の考える頭も鍛えておく必要があります。



答えをもらって取り組む仕事とは違って、難しく感じるかもしれませんが、





それでも、自分自身を鍛え、自分で判断できるようになってくると、



段々楽しくなってきます♪

関連記事
スポンサーサイト



2011-09-26 : 自己成長 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

訪問者数

検索フォーム

プロフィール

成長サポートコンサルタント

Author:成長サポートコンサルタント
華陽労働基準協会 常務理事。
伊佐治社会保険労務士事務所 成長サポートコンサルタント。
成長し続ける会社をサポートするために、経営者、社員、お客様、すべてに幸せの輪が広がってゆく、組織作りコンサルティングを行っている。
経営者やリーダーのための「エグゼクティブ・コーチング」では、思考と感情の整理をし、夢の実現、幸せで豊かに生きる人のライフサポートをしている。
得意技は、物事の本質を見抜くこと。本当の自分を生きたい人に、自分と向き合うためのセッション。
企業の成長の鍵をにぎる、総務人材の育成にも力を入れている。

■興味のあること

潜在意識。自分磨き。 カウンセリングをベースにした、組織づくりコンサルティング。 カウンセリング。 コーチング。 総務。社会保険。労働保険。起業。 マインドマップ。フォトリーディング。 ライフワークカウンセリング。 読書。 映画鑑賞。 ビジネス書。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

最新コメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR